インターネットショップを開設するにあたり

 

インターネットショップを個人で開設する際にどのような準備が必要かとなったら、もちろんのことながらホームページ、または最近ではSNSにプラットフォームを設けたり、講座を設けたりと言うことが重要になってきます。

そんな中で重要なのがトラブルを防ぐために消費者庁が設定している特定商取引法に基づく表記になってきます。これは様々なビジネスが展開されるにあたり消費者と販売側がトラブルを起こさないための表記になってきます。

もちろんのことながらこの書き方には様々なルールがあったり例文もありますので、場合によってはホームページやSNSの表現をプロに見てもらう方が安心でしょう。ここがきちんとしていなければ利用者にとっては非常に不便だと言うふうな印象を与えかねません。

では、なぜこのような表記が必要になるかと言うところを上げていきたいと思います。そもそもネットショッピングは非常に便利だと言う反面で販売側と利用者が顔を全く合わせないことによるトラブルが発生しやすいのです。

そのトラブルを発生することを避けるために設けられた法律にあります。当初は訪問販売や通信販売電話勧誘といったところが対象だったのですが、世の中の流れでインターネットショップが主流になってきたこともありこのような特商法の表記がネット上でも義務付けられるようになりました。

実際に消費者庁のホームページを下に表記をしていくわけですが、全てにおいて一般的な時があるわけではありません。
それぞれの商売において評価が異なってくる事はやむなしのところです。

だからこそどのような表記が正しいかどうかを判断するためには最終的な生社長に相談する必要があると思います。
しかしながら絶対に必要な所としてお金のやり取りでどのようなトラブルを発生させることがないか、支払い時期や引き渡し方法、トラブルが発生したときの返品や交換等についてはきちんと記載する必要があります。

いずれにしてもホームページのトップページにはきちんと表記する必要があり、お客様とコンタクトを取ることができる手法を設けることが重要になってきます。

インターネットショップを開く事は簡単だと思われています。
もちろんテクニカル的には問題は無いのですがどのようなルールが必要になるから、どのような表記が必要になるが、取得商法を中心としたルールをきちんと整理しながら考えることが重要になってくると思います。
トラブルを防ぐためにも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket